ウサギは“ウ”サギ

新潟暮らしに役立つ情報を載せていこうと思っています♪

温泉が恋しい季節ですね^^(クリックで過去記事に飛びます)▼◆上越市・安塚の雪だるま温泉で寝転がるもよし^^

◆三条市・さぎの湯でごろごろするもよし♪

【長岡市】『新潟県立歴史博物館』の秋季企画展『川中島の戦い』を見に行ってきました^^

スポンサーリンク

川中島展を見に行きました^^

川中島の戦いといえばこの場面が有名ですよね!

(ちなみに左が武田信玄、右が上杉謙信です。)


わたし、新潟に来るまで(風林火山を読むまで)武田信玄と上杉謙信、どっちがどっちか、ごっちゃになってさっぱりわかってなかったんです!

そこからするとだいぶわかるようになりました。
『雪花の虎』や井上靖の『風林火山』でだいぶ詳しくなりました。

上杉謙信は越後の武将ですからね。上越では毎年『謙信公祭』してます!


『風林火山』は武田信玄の家臣軍師「山本勘介」の半生を描いた小説です。

「歴史小説なんて小難しくて読みづらいに決まってる」なんて決めつけていたんですが、旦那さんの薦めでしぶしぶ読んでみたらびっくり。

「えー!めっちゃおもしろい!」夢中で読みました。


それで実際に川中島の合戦跡地に行ってみたり。(別ブログに飛びます)

川中島は長野県です。
新潟と山梨との間なんです。

さて、前置きが長かったですね。

長岡の立派な博物館、新潟県立歴史博物館。



大きいです。


わたし、こういう展示って、なにかひとつでも感動したり、心に残ったものがあればいいと思っていて。

▼今回、へえー!って興味深く思ったのが、3点ありました。
(というわけで、実のある展覧会だったのではないかと^^)

1.身につける仏壇、ちいさい仏像

(やっぱり神頼みだったのかー!)
最初の方と、最後の方に展示してありました。

2.花押(かおう)

これって今でいう芸能人のサインみたいなものやんね?

左が武田信玄、真ん中が上杉謙信の花押。
なんて書いてあるか、読めない!w

3.上杉側も武田側も善光寺からいろいろ盗んでいたこと。

(火事場泥棒みたいなもんやん!)

展覧会の情報


観覧料820円って高いなーって思うんですけど、リピーター割を使うとかなりお得になりますよ^^

820円→650円になりました。
(2年前の半券も有効でした^^)

▼ちなみに、半券というのは、この入館券のことです。

今回は常設を見なかったから余ってしまってますが、
地下にある常設展示の新潟の歴史はすごいボリュームありますよー!
初めて行ったときは本当にびっくりしました。


ああ、はやく雪虎の続きでないかなー!

それでは!